HOME > ペット共生アパート

ペット共生アパート

「ペット共生」は選ばれる大きな理由です。

高い入居率や定着率など、長期安定経営が期待できる『ペット共生アパート』にはこんなにもたくさんのメリットがあります。

高い付加価値をつけられる。

立地・間取り・設備などにより差はありますが、「賃貸でありながら快適にペットと暮らせる」という付加価値により、一般賃貸住宅と比べて家賃を高く設定することが可能です。

差別化ができ、人気も維持。

この先の日本の総世帯数の減少など、長期的には供給過多が予想される賃貸住宅ですが、高い付加価値により他と差別化でき、末永く高い競争力を維持することができます。

入居者の立地条件が寛容に。

アクセスが悪い立地は通常はマイナス要因となりますが、近くに公園や河川敷があれば、ペット共生型賃貸住宅のプラス要因に働きます。郊外でもペット飼育環境が良い立地が優先されます。


入居率が高く、定着率も安定。

まだまだペット共生アパートは少なく、供給より需要が上回っている状況です。入居者が見つかりやすく、定着率が高く、居住年数が長い人が多いのも特長です。

「ペット前提」だから安心。

同じペットを飼える条件でも、飼っていない人が優先される「ペット可アパート」と比べ、入居希望者がペットを飼うことを前提としているため、鳴き声や排泄等のトラブルが起きにくいのが特徴です。

礼金や敷金などが安定。

ペットが部屋を汚すという意識を入居者が持っているため、敷金なども通常より多めに確保しやすくなっています。


ペット可能のアパートオーナー様103名にききました。

ペット可賃貸アパートに対する良かった点

※セキスイハイム調べ「ペット可賃貸アパートの実際」アンケートより抜粋


入居者の定着率(居住年数の長さ)が57.3%、入居率が良好で56.3%となっています。

ペットを介してのコミュニケーションが生まれ、定着率の良さに繋がっています。

●ペット可にした方が断然入居率が良かったし、退居していかない(59才女性)
●生活レベルの高い入居者が確保できた(49才男性)  ●近所の人間関係がスムーズ(43才男性)
●入居対象者の範囲が増えた(53才男性)  ●和やかな雰囲気が出来た(54才男性)
ペットと快適に暮らすための住まいの工夫

ペットにも、ペットと一緒に住む入居者にも一緒の住まいが快適なものになるよう、オーナーの満足へとつながるプランをサポートします。

●お掃除が楽になる工夫

犬・猫のヨダレや吐き戻しは生理現象であり、汚れるのは避けられません。床にものを置かない、汚れがつきにくい床や壁に帰るなど掃除しやすい状態にしておくことポイントです。

においや汚れは目地に残りやすいので、床材は目地が少ないものを選びましょう。また、取り替え可能なパーツ状のカーペットなどもおすすめです。


●足腰に負担がかからないすべりにくい床を

特に小型犬の場合、すべりやすいフローリングの床を歩くたびに骨や関節、筋肉に負担がかかってしまいます。床すべりが関節炎やヘルニア、脱臼などの原因の一つともいわれています。

スリップによる脱臼事故を防ぐために、すべりにくい床材を選びましょう。ふらっとな床面にすれば犬の足腰への負担も軽減でき、お掃除もしやすく快適です。


●ペットの健康を守る清潔な空気環境に

部屋の中がにおうのは、部屋の空気環境が悪いということです。通風、換気が効率よく行われているか確認してください。また、ペットによる汚れをすぐに掃除することも大切です。

カビ・ダニ・ウィルス・ハウスダストの発生を防ぐために、室内湿度を40〜60%に維持しましょう。また、においの定着を防ぐために、室内の空気の流れと湿度を調節しましょう。


ご相談・お問い合わせ