住まいの性能

カタログ請求

余分なものがいらない強さが居心地のよい空間をつくる

開放感あふれる空間はどこまでも伸びやかに。
心地よい陽射しやお気に入りの景色を取り入れる窓はより大きく。
強さを補うための耐力壁や筋交いなどを必要としない
セキスイハイムの家づくりなら、
そんな住まいへの憧れを安心してかなえられます。
強い構造がもたらしてくれる設計の自由さが、
居心地の良い住空間をつくります。

耐力壁や筋交いがいらない“しっかり構造”。窓も空間も大きくデザインできる自由な住まいです。

鉄骨だけで強さを満たすから
オープンな住空間が可能に

コーナーが溶接されたボックスラーメン構造だから、耐力壁や筋交いは不要。柱や間仕切りが遮らないオープンな空間から伸びやかに広がる吹き抜けまで、ユニットを組み合わせることで幅広いプランに対応できます。

ユニット工法ならではの
開放感あふれる大開口

ユニット工法は、大きな開口をつくることも可能。開放感あふれる窓からたくさんの光とぬくもりを取込み、心地よいのはもちろん、日中の照明を抑えエコにもつながります。

光や風が心地よく、
眺めも抜群のコーナー開口

ユニットの壁面には筋交いを入れる必要がないため、コーナー部分いっぱいに開口を設けることができます。2方向からの陽光が居室を明るく照らしたり、見晴らしの良い眺めを思う存分楽しめます。

快適さを守る壁にこだわり住まい全体を心地よく

約束通りの性能をかなえるため
断熱材の取り付けも工場品質

一邸で30〜40種類にプレカットされた断熱材のグラスウールは、取り付けミスを防ぐために品番で管理。適材適所に工場で、正確に充填されます。雨に濡れることもないためしっかりと断熱性能が発揮されます。

鉄骨の冷えを室内に伝えない
フェノールフォーム

柱の室内側には、冷凍・冷蔵庫にも使われる断熱材フェノールフォームを採用。独立した微細な気泡でつくられる素材で、年月を経ても断熱性や不燃性、耐候性などを保ちます。

壁が火や熱をしっかり遮断
快適さに加えて安心感も抜群

840℃の炎にさらされても室内側の表面温度は約80℃。国土交通大臣認定の防火構造で、基準値の140℃も大幅にクリア。また、他の部屋への類焼を15分くいとめられる安心の構造です。

※ISO834の加熱曲線にそった防火実験。タイル外壁も同等以上になります。


気密性と断熱性を極めた心地よさは、工場生産ならでは。空気もフレッシュで、住まいのどこにいても快適です。

断熱性能はモデルプランでUA値0.36
優れた断熱性と気密性を実現

全窓トリプルガラス標準採用に加え、工場生産の精密な施工により一邸毎に設計通りの断熱性を実現。建物全体の断熱性能を表すUA値は、モデルプランで0.36W/㎡Kです。また、隙間の面積を表す気密性能C値は2.0㎠/㎡以下。C値は住まいの完成後に実測も行いご提示します。優れた断熱性と気密性により、冷暖房負荷が少ない「夏も冬も過ごしやすい住空間」をお届けします。

※個別の住宅ごとのUA値は、採用する開口の仕様・面積、床面積等の条件により異なります。

ダブルスパッタリング
Low-Eトリプル
ガラスを標準採用

特殊金属膜でコーティングされた2枚のLow-Eガラスの間にフロートガラスを加え、3枚のガラスで断熱性を強化。中空層には熱伝導率の低いアルゴンガスを注入し、省エネ基準I地域仕様の規定サッシに比べ1.8倍の断熱性を発揮。少ないエネルギーで快適温度を保ちます。さらに断熱性を高めたクリプトンガス仕様も用意。

※一部ガラス幅の小さいものは「アルミスペーサー」を使用しております。


足もとの機能を固めよりストレスフリーな空間に

基礎断熱構造が、安定した床下空間を実現

一般的な床断熱は、外気温が基礎を通じて床下に伝わりやすい構造。セキスイハイムは基礎の内側を断熱材で覆う独自の断熱構造を採用しました。床下空間は外気の影響を受けにくく、冬暖かく夏涼しい快適な地中の温度を効果的に利用。さらに壁から連続して基礎断熱材(ポリスチレンフォーム)を取り付けることで、床下からの冷気の侵入を防ぎます。

補強ナシでピアノも置ける
耐荷重性能に優れた強い床

450㎜間隔で鉄骨小梁を溶接したうえで高耐久な床構造を実現。特別な補強をしなくても、1㎡当たり180㎏もの重さに耐えられる頑強な床です。

精密につくられるから、基礎の中も高断熱床下暖房システム「快適だんだん」で、さらに暖かな住空間に

セキスイハイムは、寒冷地の暮らしに合わせて基礎の断熱性を
さらに高めることができます。
それが床下暖房システム「快適だんだん」。
基礎型枠材に「断熱型枠」を採用して断熱性をアップ。
「床下放熱器」で暖気を対流させて部屋や床を温めます。

基礎断熱
断熱型枠により、床下の暖かさをキープ。
従来の木型枠は不要です。
床下放熱器
床下と1階で暖気を対流させて暖房。
床下に設置するので室内はすっきり。

※「快適だんだん」はオプション仕様です。

2階の生活音を床と構造でシャットアウト気を遣わずにのびのびと暮らせる室内です

JBD工法 Joint-Beam-Dumper

2階で発生した音は、遮音シート(ビブレスフロアシート)により吸収。
その振動は、構造体の梁間に挟まれたダンパー“JBDボード”(UVアクリルと鉄板を重ねた3層構造の制振材)によって抑えられます。

床の遮音性は戸建トップクラス
落下音や歩く音をしっかり吸収

床遮音シートをはじめ、遮音材や吸音材などで構成される2 階床は、1階へ伝わる音や振動を阻止。LAW-60の遮音性を実現しています。

●LAW値とは…
固体を伝わる音の遮音等級数。LAW値は2階の衝撃音などが階下でどれだけの音として聞こえるかを示す遮音等級で、値が小さいほど遮音性能が優れています。一般的な木造住宅ではLAW-70~75レベル。LAW-75に比べ、LAW-60は床衝撃音が1/3程度に聞こえます。※記載の数値は標準仕様の住宅(積水化学工業(株)住宅カンパニー実験棟)での測定値であり、ダウンライトの設置など、お客様のプラン上・施工上の条件によっては値が異なることがあります。また聞こえ方には個人差があります。

遮音性・制振性に優れた
床遮音シート

高分子複合化技術により、アスファルトと鉄粉を融合して作られたリサイクル素材。わずか6㎜の厚さながらも、歩行音や衝撃音をしっかり吸収します。

●居室周囲と収納内の遮音材
圧縮に対する強さと曲げに対する柔軟性を兼ね備え、リサイクル性にも優れています。

あらゆる音を抑えるために
遮音性に優れた部材で床を構成

低音や高音、振動音など、どんな音も確実に抑えられるよう、2階床は適切な部材で構成。各部材が特性を発揮し、1階へ伝わる音をカットします。

高気密・高断熱空間を24時間、計画的に換気。部屋はいつも清潔で健やか

【標準仕様/第三種換気】
汚れや花粉、塵などを強制排除し
室内の空気を新鮮に

各部屋の給気口から24時間、自然に空気を取り入れ、汚れた空気や花粉、塵などを強制的に排除します。すきま風の影響がない高気密空間だからスムーズに換気ができ、省エネルギーです。

【オプション/第一種換気】
室内の温度を逃さずに隅々まで換気
熱交換換気システムならさらに快適

全熱交換型のダクト式熱交換換気システムの場合は、排気する空気に含まれる熱や水蒸気を給気された空気と交換。暖かで新鮮な空気を室内に取り込み、住まいを快適な温度に保ちます。

このページの先頭へ