実邸紹介

室内も屋外も、楽しい遊び場!
ユニット工法だから
叶えられました。

「そろそろ持ち家を」と家づくりを以前から検討されていたT様。気になっていたエリアがセキスイハイムの分譲地として売り出されると耳にされ、セキスイハイムの展示場を訪れました。そこで出会った営業担当者のプランニング力に、家づくりのモチベーションが一気にアップ!子どもも大人も楽しめる、アイデアいっぱいの住まいになりました。

SPEC

所在地
札幌市
家族構成
ご主人・奥さま・ご長男
床面積
97.12㎡
商品名
パルフェLX
主要設備
ガスコンロ、エコジョーズ
PLAN
大きな窓で、リビングと庭がひとつながりに。
T様ご夫妻がプランニングでもっとも大切にされたのは、“敷地の有効活用”でした。「58坪という土地をフルに活かすために、廊下など無駄な空間をできるだけなくしたかったんです。そうすれば動線も短くなりますし、その分を収納空間として使えるのではないかと思って」とご主人。ご希望通り、廊下は最小限に。コンパクトな玄関ホールには複数の収納を配置し、2階ホールにも造り付けの書棚を確保。収納量をたっぷり設けたことで、暮らしの中心がすっきりスタイリッシュな空間になっています。
とくにご家族の中心になっているLDKは、柱のないひとつながりの大空間。お子様ものびのび遊ぶことができます。「セキスイハイムの頑丈なユニット工法を活かして、大空間だけでなく大きな窓も設けられると聞き、リビングに大きな窓を設けてもらいました。庭に出られるデッキを設置し、リビングからテラスへの広がり感が味わえるように。デッキから外に出てバーベキューをしたり、子どものプールを出したり……。室内と屋外がつながって、親子の遊び場が増えたような感じです」とご主人は話されます。
「子どもが生まれる前に住んでいたアパートでは、上階の子どもの足音などが結構聞こえていたんです。私たちは気にしなかったけれど、自分たちに子どもが生まれたら近所迷惑になったりするのかも……と心配していました。今は戸建てなので、どれだけ音を立てても大丈夫(笑)。とくにセキスイハイムは遮音性が高いから何の心配もない。この家に引っ越して『静かにしなさい』と叱ったことは一度もないですね」。
地震の際、建物と人の品質の良さを痛感。
ご夫妻がセキスイハイムの構造や性能に納得されたのは、工場見学に参加したからだと話されます。「セキスイハイムのラーメン構造が展示されているのを実際に見て、やっぱりしっかりした家の方が安心だなと感じたんです」。
その安心感を改めて実感されたのは、2018年9月の北海道胆振東部地震の発生時。「かなり揺れましたが、被害はまったくありませんでした。『津波さえ来なければ、この家は大丈夫』と安心しきってすぐに寝てしまったくらい(笑)。それに地震後、セキスイハイムの方が『大丈夫でしたか?』と聞きに来てくれたんです。建物の信頼性だけでなく、人がきちんとフォローしてくれることにセキスイハイムの品質の良さを痛感しましたね」。子育てをする上で大切な“家族を守る強さ”を実感されたT様は、新居で笑顔いっぱいの毎日を楽しまれています。

2階ホールに設けた造り付けの書棚。絵本などをたっぷり収納できます。

木目がお好みのご主人と、シンプルを追求したい奥様。お二人のインテリアの趣向を上手に組み合わせられています。

1階リビング内階段の横は、お子様の遊び場として活躍中。将来的には、来客用スペースとして活用する予定です。

PLAN