INTERVIEW TOP

家というひとつの大きな商品をつくること。

札幌支店 技術グループ工事課  正木 宏幸 Hiroyuki Masaki

2017年入社

入社のきっかけ

元々他の会社で社員大工をしていたのですが、セキスイハイムで現場監督をしている大学時代の同級生から声がかかり、社員大工として仕事をすることになりました。週休2日制や、道具や設備面でも、前の職場よりもさらに働きやすい環境になると思ったため、セキスイハイムを選びました。

仕事のやりがい

工場で生産した軽量鉄骨のユニットを組み上げ、ほぼ家のカタチができてからが、大工の主な作業になります。キッチンや階段の取り付けや壁を立てたりなど、内部造作を主に担当しています。やはり、家という一つの大きな商品をつくるということにやりがいを感じます。たくさんの工程を踏みながら時間をかけて大きなものをつくるので、その分達成感も大きいです。

将来目指したい自分像

家が完成するまでの流れをしっかり理解するとともに、施工技術も、より上達し人にわかりやすく教えることができるようになりたいです。現場は特に人から信頼される人間でなければ、品質も安全も保てないと思っています。そのためのコミュニケーションはもちろん、専門知識を学び、大工技能士などの資格も取っていきたいと思っています。

北海道セキスイハイムの
気に入っているところ

比較的同世代のスタッフも多く、ともに責任をもって仕事に取り組めます。また週休2日制、振替休日を取得できる、道具代は会社支給など、働きやすい体制が整っている点です。

VIEW MORE