住まいの性能

カタログ請求

大容量の太陽光発電で家計と暮らしを永く支えつづける

太陽の光を住まいの屋根で受けとめ、家庭の電力に換える。
それが太陽光発電システム。
燃料を使わずに発電するため、二酸化炭素の排出がなくエコロジー。
しかも、フラット屋根のセキスイハイムなら、
大容量の発電システムを搭載でき、光熱費も一段とお得。
使用して余った電力は電力会社に買い取ってもらうこともできるため、
将来までずっと、環境と家計にやさしい暮らしが叶います。

冬の暖房費も気にならない。より多くの太陽光を浴び、いつまでも軽やかな気持ちで暮らせる住まいです。

年間の日射量は東京と大差なし
雪の多い北海道でも十分に発電

冬が長く、日射量が少ないと思われがちな北海道。しかし梅雨がない分、年間日射量は札幌で1,270kWh/㎡と、東京の1,291kWh/㎡と比べても大差がなく、太陽光発電ライフを十分に満喫できます。

※使用気象データ:気象庁観測2002年〜2011年

夏の日照時間は本州より長く、
涼しい北海道なら発電効率も安定

緯度が高いので夏の日照時間が長く、冬の少ない発電をカバー。また気温が高いと発電効率は低下しますが、北海道ならその心配も少ないといえます。

※2008年6月21日の日の出・日の入り時間より算出

大容量の発電パネルを搭載し
発電量のアップを実現

発電量を増やすには、太陽光パネルの搭載量を多くすることがポイント。フラット屋根のハイムなら屋根全面にパネルを設置でき、消費電力を上回る発電※1が可能。電力会社への売電量もアップします。

※1 パルフェ:100.81㎡、太陽光発電5.52kW搭載の当社光熱費シミュレーションによる。

※ パルフェbjスタイルの傾斜屋根部分には、太陽光パネルは設置できません。


1ランク上の発電効率を誇る
フラット屋根の太陽光発電

フラット屋根は、発電パネルを10°の角度で設置するため、三角屋根に比べて建物の向きや日射角度の影響を受けにくく、安定した発電量を確保。また、発電パネルは風通しがよく、熱がこもらないように設置されるため、表面温度の上昇が少なく、高い発電効率を保ちます。

一邸ごとにシミュレーションを実施
発電量や光熱費が建築前に分かる

現在の住まいの光熱費や、新居の暖房・給湯設備、間取り、居住地域などをもとに建築後の発電量や消費電力、二酸化炭素削減量などを算出。毎月の光熱費も確認でき、太陽光発電の導入効果が建築前に分かります。

ソーラー搭載住宅20万棟突破
北海道でも太陽光発電の家が増加

太陽光発電システムを搭載したセキスイハイムは現在、全国に20万棟※1以上。そのニーズは1997年の発売以来北海道でも高まっており、2018年12月末には4,400棟※2を超えました。

  • ※1太陽光発電システム搭載住宅(リフォームを含む)のセキスイハイムグループ建設棟数(2018年12月末現在)は、201,739棟です「積水化学工業(株)調べ」。
  • ※2北海道における棟数および導入量は、1997年度から2018年12月末までの累計で、現在4,439棟です。

大容量ソーラー・蓄電システム・コンサルティングHEMS、さらに電気自動車とも連携。進化を続ける、環境と家計にやさしい「スマートハイム」。

太陽光発電システム
大容量ソーラー※1

太陽からのクリーンエネルギーを大きな屋根でたっぷり創る、家計にやさしい暮らしをお届けします。

蓄電システム
e-Pocket

創った電気やお得な深夜電力を貯めてクリーンエネルギーを賢く活用。停電など災害時も安心の暮らしを実現。

総合住宅メーカーならでは
スマートハイム・ナビ

各家庭の電力情報や天気予報などクラウド上のビッグデータを活用し、省エネアドバイスに反映※2します。

電気自動車連携システム
VtoHeim

家とクルマが連携する新しい住宅。クルマに貯めたエネルギーも、家庭用電源として活用、エネルギーの自給自足※3※4を目指します。

  • ※1商品や間取りにより詳細は異なります。 ※2 インターネットは常時接続が必要です。
  • ※3「エネルギーの自給自足」とは:大容量の太陽光発電から生み出した電力を蓄えて自ら利用し、昼も夜も非常時も自分で作ったエネルギーで生活することです。
  • ※4全ての電力を賄えるわけではありません。電力会社から電力を購入する必要があります。

コンパクト&大容量の蓄電システムe-Pocket(イーポケット)

グリーンモード できるだけ「買う電力」に頼らない環境配慮モード
環境メリット 太陽だけで暮らす住まいを目指せます

※本シミュレーションはエコキュートを従量電灯契約、日中稼働させる条件で算出しています。
一般的な深夜電力プランにて、深夜に稼働する条件で算出する場合、約40%のエネルギー自給率となります。(*試算条件により異なります。)
●参考:従量電灯契約とは時間帯による料金の変化がないプラン契約です。


経済モード 光熱費を抑える追求モード
売電最大&深夜電力を活用

非常運転モード 停電時に電力を利用できる備えのためのモード

災害等の停電時でも電気を使い続けられるため照明や電子機器の電源を確保できます。
なおかつ停電時の日中は太陽光発電の電気をためながら電気を使い続けることができます。

安心メリット 太陽光×蓄電池で停電でも一日安心
このページの先頭へ