INTERVIEW TOP

自分からすればゴール、でもお客様にはスタートだから。

札幌支店 技術グループ 工事課 北川 拓実 Takumi Kitagawa

2019年入社

入社のきっかけ

建築系の大学で学び、ハウスメーカーを希望していました。自分が自社の商品をアピールする際に、特徴があるメーカーの方が売れると思ったのでセキスイハイムを選びました。軽量鉄骨のユニット工法は道内でセキスイハイムだけの技術であり、着工棟数道内1位を取り続けていたところも魅力でした。

仕事のやりがい

私が担当している施工管理の仕事は、ひと言で言うと「現場監督」です。お客様の住宅の品質を守り、安全に設計通りの家を建てる管理をしています。無事完成した住宅をお客様に引き渡す瞬間は、安心感と達成感を感じます。引き渡しは、自分からすればゴールになりますが、お客様にはスタートです。そんなお客様から「これからもよろしくお願いします」と言っていただいたことが忘れられないうれしかった出来事でした。

将来目指したい自分像

自分が今の部署に所属したときにインストラクターをして頂いた上司の方が自分の目指す姿です。お客様からはもちろん、会社の同僚にも信頼されており精神面での支えにもなれるような工事監督になるために、現場での知識を増やすことや、お客様が求めていることを読み取る力を身につけること、関わる人を思いやる力を養っていくことが必要と考えています。

北海道セキスイハイムの
気に入っているところ

自分はまだ経験が浅く分からない事ばかりですが、周りの先輩たちが全力でサポートしてくれます。工事監督としてあるべき姿をお手本として見せてくれるので、自分のすべきことが明確でやりやすいと感じます。

VIEW MORE